生理前はあご周辺にニキビできやすい

生理前になるとホルモンバランスの乱れというか、女性ホルモンの影響であごや口周りにポツポツとニキビが出来やすくなります。
ある意味、女性にとっては周期ニキビって感じくらい、もう生理前になったら仕方がない!って諦めている方も多いかもしれません。

 

人によっては、あごや口周りへのニキビができはじめたら、「あっ、そろそろ生理かな?」って思う人もいるかもしれませんね。

 

基本的に、あごニキビは思春期よりも大人になってからできやすいニキビと言われています。
その原因としては、ストレスが溜まっていたり、食生活の乱れなどが原因のケースが多いようです。
やはり、ホルモンバランスを崩すことであごのニキビなどが出来やすくなるということを考えると、生理前にあごにニキビができるのは仕方がないのかもしれませんね。

 

ですが、あごニキビを治療、改善できないか?というとそうともいえません。
できるだけホルモンバランスの乱れを最小限におさえるように、通常のニキビケアに加えて、生活習慣を見直してみたり、しっかりと睡眠をとるなどすれば、改善につながるようです。

 

もちろん、生活習慣を見直すというなかには、栄養バランスの良い食事を取るなどの食生活の改善も大事になってきます。
特に脂っぽいものは少なめにして魚などに切り替えたりするようにしたいですね。

 

また、できるかぎりストレスは溜めない!ってことも大事です。
ストレスは、ニキビに限らず女性の体調にも大きく影響してくるので、日頃からストレスを上手く発散させるなどしたいですね。

 

 

あとは、洗顔料やシャンプーなどの洗い残しが原因ということもあるので、洗顔時もしっかりすすいで洗い残しがない様に気をつけましょう!
洗顔後、すぐに化粧水などで保湿!も忘れずに!