生理前のニキビ対処法で漢方薬は効く?

生理前になると繰り返しできる顎や頬などの気になるニキビ。
その生理前のニキビ対処法として効果があるものとして、漢方薬が注目されています。

 

一般に、ニキビケアなどで漢方薬を服用することはありますが、よく処方されるのが、十味敗毒湯や桂枝茯苓丸という漢方薬。
あと、ヨクイニンなんてのも有名ですよね。

 

中でも、桂枝茯苓丸は血の滞りの改善などに効果的!なんていわれていて、生理前とかのトラブルにはかなりいいみたいですよね。
また、ヨクイニンは、いわゆるハトムギのことらしくて、ハトムギってけっこうニキビケア化粧品なんかにも配合されているから、安心して服用できそうですね。

 

 

ただ、漢方薬って、市販されているお薬であればまだいいのですが、基本、その人の症状に合わせて独自処方されると、けっこうお薬代が高くつくんですよね。
それに、漢方薬って体質改善に働きかけてくれるので、結果が見えてくるまでにけっこう時間がかかる!という難点もあります。

 

この際だから、しっかりケアする!と決断するのであればいいのですが、そうでなければ、なかなか期待するような結果が出てこないし、お金もかかるってことで途中で諦めてしまう人も多いです。

 

 

その点、ニキビケアの化粧品は、お肌に直接働きかけてくれるので、かなり早い段階で何かしらの結果が見えてきます。
それに、美容成分、有効成分がしっかり働くことで、お肌の質も変わってくるのが実感できるというメリットがあります。ただ、化粧品の場合は、その人のお肌に合う、合わないというのもあるのも確かです。

 

そういう場合は、効果が実感出来なかったときのために、返金保証付の化粧品などで試すようにしたいですね!